カフェというジャンルはオシャレ感があり
使う言葉も何やらオシャレな感じが多いです。

お店の情報を記載した紙を
周りで「フライヤー」と言ってるのを聞き
だけど自分が使うのは照れるし
結果、未だに「お店のチラシ」と言ってます。

チラシを作る夫こじぱぱ本人も
店長である私こじまま本人も
尖ってハイセンスでもないので
チラシが程よいかな、と思っていました。

B6サイズ
一般より少し大きめです。

そこまでチラシについて考えるとは
何とも面倒くさいオバちゃんだなと自覚してますが(笑)

フライヤーとチラシの違い

この際、違いを明らかにしてみましょう。

●フライヤー
英語で空を飛ぶ人や飛行家を意味する
flier・flyerが語源だそうです。
戦時中は飛行機で広告物を配ってたので
フライヤーと呼ぶようになりました。

現代では小さなサイズの広告物や
厚みのある広告物をフライヤーと言う場合もあります。
手に取りやすいサイズです。
内容はデザイン性を重視する傾向があります。

●チラシ
「周囲に撒き散らすもの」が
そのまま「チラシ」となったのが語源だそうです。

新聞の折込広告が一般的で
ポスティングや街中での配布にも使われます。
格安で作成することができるので
セール情報や定期的な告知用だとか
そうか、スーパーの広告などがチラシなのですね。

サイズはB4が一般的です。

それなら店頭のこれは?

サイズといい用途といい
明らかにフライヤーでしたね(汗

今回、新たに作ったフライヤーは
イラストをこじぱぱが
文字を店主こじままが担当しました。

サイズはB6(B5の半分)です。
手に取りやすいサイズですので
ぜひぜひお持ちください。

夫こじぱぱの
写実的すぎる(笑)渾身のイラストが特徴です。

どうぞよろしくお願いします。

食堂cafe COUCOU (くくぅ)
埼玉県坂戸市にっさい花みず木5-6-7
tel 049-298-4910

Instagramもやってます♪
Instagram