COUCOUは店主こじままのお料理が基本ですが
当の本人は厨房の経験がないまま
カフェをオープンしてしまったので
他店がどう料理しているかわかってません。

一応、カフェ経営の学校には通いましたし
それはとても良い経験となり
また、よい人脈も得ることができたので
決して無駄ではないのですが
現場で鍛え上げられた腕じゃないんです。
そこがね、ずっと引け目あったんです。

だけど、家庭料理なら自信アリ。
息子が0才(10ヶ月)の時から
フルタイムで仕事をしていたので
保育園時代は朝4時に起き
朝晩の食事を作って
帰ったらすぐ食べられるようにしてました。

息子が小学生になると
そこまではしなかったのですが
当時人気だったTV番組の
料理の達人をイメージして
 帰宅して30分で何品作れるか!
 ア・レ・キュイジーヌ!!
と、毎日ひとりで戦ってました(笑)

じゃがいもは面倒な食材

息子はじゃがいもが大好きなんですが
母が作るカレーにはほとんど入らず
きのこだのブロッコリーだの
変わり種ばかり入れてきます。

ポテトサラダも滅多に出てこない。

なぜなら、急いでいる時に
じゃがいもの皮をむくユックリ感
たまらなく耐えられないのです。

猛烈な料理に対する意気込みは
「えらいね」と褒められたり
「そんなに無理しなくても」と
逆に心配されたりしました。
目がつり上がってたのでしょう^^;

当時の子育てに対する反省は
山ほどありますが
それはそれで置いといて(笑)

大急ぎで調理し続けたお陰で
今、COUCOUの厨房では
誰より早く動ける自信があります。

子供が小さいから
料理の仕事に転職できない

と諦めていましたが
頑張ってることはいずれ全て役に立つのだと
今、実感しています。

美味しいポテサラの作り方

COUCOUのメニューは紆余曲折あり
結果、定番として続いているのが
ポテトサラダと人参サラダ。
メインが何になっても
これだけは通年変わらず添えられます。

毎日作るので
皮むきも速くなりました(笑)

作り方は簡単。
サッと洗って泥を落とし
皮をむいて大きめにカット。

蒸し器で柔らかくなるまで加熱します。

太めの箸がスッと刺さったら
ボウルに移し
熱~いうちに
薄切り玉ねぎの塩もみ
すし酢マヨネーズを混ぜます。

熱いうちにコレをやると
玉ねぎは加熱で甘くなり
すし酢とマヨネーズの酸味が飛び
まろやかな味になるのです。

冷めたらきゅうりの塩もみも入れ
ちゃんと味見したら完成です!

パサパサになっちゃったら
塩気が足りなければマヨ足して
塩気が十分なら水足して
しっとり仕上げてくださいね。

野菜選びの基本のキ

今日のポテサラは
近所のえがおファームさんのじゃがいもです。
こちらの農家さんは無農薬無肥料、つまり自然農ですね。
木村秋則さんで知られる栽培方法です。

とにかく大きい!!

Facebook情報ですが
いつもお世話になってるかんちゃんファームでも
じゃがいもができてるようです。

話すと長くなるので
簡単に言い切っちゃいますが
野菜選びで重要なのは

なるべく近くで栽培されていて
栽培した人を信用できることだと
私は信じています。

通年ご用意するおかずなので
常に近隣のお野菜とはいきませんが
アンテナ高くして情報ゲットし
地元の無農薬野菜を調達していきたいと思っています。

続きはお店でお話しましょうね ^^*

食堂cafe COUCOU (くくぅ)
埼玉県坂戸市にっさい花みず木5-6-7
tel 049-298-4910

Instagramもやってます♪
Instagram

HPはコチラ
http://coucou.cafe.coocan.jp/